よく聞く自己破産とは民事再生は何が違うのか

どちらも同じ債務整理の手法なのですが、民事再生と自己破産とではその性質や手続きの流れは大きく異なります。どんなところが違うのか、なぜそれほど異なる制度がそれぞれ設けられているのか、その点について解説します。
民事再生というのは、名称の通り現在の経済状況を再生するための制度です。一方の自己破産は破産というように、一度経済活動を全てリセットして全くのゼロから再スタートを切るという目的のものです。
もっと具体的に言うと、民事再生というのは一時的に債務超過の状態になっているものの、まだまだ再生できる可能性が見込める人に有効で、自己破産はそれが難しいという場合に選択されます。
また、民事再生については借金を減額することはあってもゼロにすることはないので、支払い義務がなくなるわけではありません。自己破産は免責決定を受ければ一切の債務がゼロになるので、借金をなくしたいという意味からは自己破産のほうが有利に思えます。しかし、借金がゼロになるというのはただ事ではありません。自己破産をすると一定期間は特定の職業につけないことや、もし持ち家などを持っていたとしても全ての財産が処分されるので完全にゼロからのスタートとなります。
しかし、民事再生の場合は持ち家を除外して債務整理をすることができるので、マイホームがある人は手放さなくても済みます。


民事再生とは、いったいどんな手続きのことを言うのでしょうか

民事再生とは、いったいどんな手続きのことを言うのでしょうか。もちろん法的に借金問題を解決できる方法なので、根拠となる法律があります。その根拠となるのが民事再生法というもので、平成11年に施行されました。それまでにも和議法という法律があり、倒産の危機に瀕している会社の再生をスムーズに進めるための仕組みはありました。しかし、時代背景は変わって会社という法人だけでなく、個人も再生スキームが必要であるという考えから、和議法に変わって民事再生法が生まれたのです。
分かりやすくするために、Aさんという架空の人物の状況を例え話にしてみましょう。Aさんは住宅ローンを組んでマイホームを購入したものの、勤務先の会社が業績を悪化させてしまい、遂には倒産してしまいました。住宅ローンや子供の教育費、生活費のこともあるのですぐに再就職先を探したものの、折からの不景気でなかなか見つかりません。やがて貯金は底を尽き、消費者金融でお金を借りながら辛うじて生活を維持する状態が続きました。ようやく再就職先が見つかったものの、膨れ上がった借金の支払いが重荷になり、遂に家計がパンクしてしまいました。Aさんは破産に向けて一直線、そうなるとせっかくのマイホームも手放さなくてはなりません。
そこで、有効なのが民事再生です。継続して収入があるのに借金が重荷になって生計が維持できないという場合、民事再生手続きによって借金を減額し、金利をストップさせます。以後は3年間で無理のない返済計画を決めて、その金額や返済方法でお金の貸し手と話し合い、合意を得ます。Aさんはマイホームを手放すことなく、無理のない返済計画にすること再スタートを切ることができるというわけです。一方の貸し手についても破産で全額が返済されないよりは民事再生によって一部でも返済してもらったほうが得策なので、民事再生が有効なのです。


テレフォンアフィリエイト可能性

「案外と収益を齎し易い」だから、スマホ成果報酬型広告にとっては仲間入りする個人としても増してきました。連絡先アフィリエイトプログラムと言いますのは、電話番号にかかっているウェブサイトの来訪とすればアフィリエイトものをまとめたものとなっていますが、これの電話番号アフィリエイトプログラムに関しましては、徐々にどういう風になって訪ねると言えるのでしょうか?連絡先成功報酬型広告の確率のことを考慮してみたいと感じます。全ての人把握している通りに、電話を保管している数という意味は物凄い量のと思います。携帯の急性の普遍化につれて、電話機の形での仕掛け輪をかけて、バラエティに富んだ利点程チェックされる傾向が強くなっています。タブレットを用いたインターネットホームページ上の拝見であったりも対象のグループになっているのが可能だと言えます。中年くらいの女の人に限らず10才代を中心に、携帯以上お品物等々をトレードするなる型までもが拡がりつつ確立されています。数々のテレフォンアフィリエイターというのは、この近傍のあらましに目を付けて携行アフィリを始めたのとは異なるなんでしょうか?携行アフィリサイトの仕事をしているアナタの変わったところでは、パーソナルコンピューターに伴う平均的なアフィリエイトサイトすらも手にしている例が少なくありません。お買い得だ、それぞれのホームページ上の共同作用により契約率を向上していこうになる狙いがあるからだと言えます。また、端末のアフィリ技術のは従来通り連絡先アフィリには選択可能になるといった場合もほとんどなので、様々に実用的であるという面もあると聞きます。


年金を知る 公的年金編

年金に関するニュースが、以前より多くなってきています。年金を管理している団体による不正が発覚したり、ずさんな管理体制が明るみに出たりといったものが多いのですが、単にそれだけではここまで年金に注目が集まることはないのではないかと思います。
イギリスの経済雑誌が「未知の領域」と表現しているように、日本は空前の少子高齢化社会に突き進んでいます。年金受給者が増えるのに年金を納める人数が減るのですから、誰がどう考えても破綻するのではないかと思ってしまいます。そんなニュースをもっと理解しやすくするためにも、ここでは公的年金の制度をおさらいしてみましょう。
実は、年金というのは何も高齢者だけのものではありません。年金には老齢年金、障害年金、遺族年金の3つがあります。高齢者を対象にしているのは、この中の老齢年金です。
簡単に言うと、現役世代の人が納めた年金を同じ時期に高齢者となっている人に支払うという仕組みになっています。その時点で現役世代だった人が老後を迎えた時には、その時の現役世代が納めた年金を受け取ります。
「国民皆年金」といって、日本では全国民が年金に加入し、それを社会保障システムとして機能させています。全ての人が国民年金に加入するようになっているのですが、職業によってはその上に別の年金を上乗せするようになっています。具体的にはサラリーマン向けの厚生年金、公務員向けの共済年金などがあり、これらは家の構造に例えて「2階部分」と表現されます。もちろん、1階は国民年金です。


債務整理については専門家へ

債務整理は個人では絶対に行えないことですので、一人で悩んでいても仕方ないのです。 ですから、借金を返すのがどうしてもつらいという方は、早めに債務整理について専門家に相談しましょう。 債務整理は自分で悩んでいても一歩も前進できないような悩みの一種です。 悩んでいても無駄ですので、すぐに専門家に相談しましょう。

債務整理に対して罪悪感を感じ、現在のつらい状況を受け止めようと頑張っている方がいます。 そういう考えは立派ではありますが、同時にあまり意味のないことでもあります。 ただただ生活が苦しくなり、ストレスがたまるだけの考え方ともいえます。 もちろん、借りたお金をしっかりと返すという精神は立派です。 しかしながら、あまりにも辛いのでしたら、それはもうあなたの許容範囲を超えてしまっているのだと思われます。 そんな極限状態をこれから先も続けていくことはできないでしょう。 そうなりますと、いつか返済が途切れることになってしまい、そうなりますとますます迷惑をかけてしまいます。 債務整理という制度があるのですから、早めに使って貸した側も納得するような方法で整理しましょう。 そういうことは十分想定して金融会社は皆さんにお金を貸しているので、早く整理してしまった方がいいのです。

もちろん、整理しないで済むならそれが一番ですが、中々そうもいかないのが現実です。 そこで、債務整理するしないはとりあえず置いておいて、専門家に相談してみましょう。 無料で相談できるところもありますので、そういったところで現時点での状況を説明しましょう。 そして「出来れば債務整理はしたくない」という旨をしっかりと伝えて、専門家の指示を仰ぎましょう。 債務整理しなくても大丈夫な場合は専門家がどうしていいかアドバイスをくれますのでその通りにしてみましょう。

何も、専門家に相談した時点で債務整理することが決定するわけではありません。 債務整理したくない方でも相談することで打開策が見つかることもあるので、ぜひ専門家に相談してみましょう!


内緒でお金を借りるにはどうすればいいの?

お金を借りる際って、誰かに知られないかどうかが気になりますよね。 誰にも内緒でお金を借りたい人っているかと思います。 というか、借り入れをしたいときって、絶対に誰かに知られたくないですよね。

会社の同僚や上司や部下はもちろんですし、その他にも親や妻、夫、子供に知られたくないという人も多いのではないかと思います。

そんな場合、どんな金融機関に借り入れを頼めばいいのでしょうか。 私も、これについてはいろいろ考えました。

でも、借り入れのサービスって、お金を借りたことがないので、各消費者金融の公式サイトにいって説明を見てみてもよくわからないんです。

誰にも借り入れを知られずにキャッシングができる金融機関を探しているのに、それについて、記載がされているページを見つけることができない……

金融機関、特に銀行の公式ホームページはレイアウト的にもまとめ方としても読みにくいものが多くて、なかなか、おめあてのページに行きつくことができないことがほとんどなんです。

そんなことから、私は、誰にも内緒でお金を借りるためには、どの金融機関を選べばいいのかわからず途方にくれていました。

なかなか金融機関を選ぶことは難しいものです。


お金がないなら借り入れをして凌ぎましょう

お金がない!貸してくれる相手もいない!

そんな方は消費者金融のカードローンを利用するのがオススメです。 ここだけの話ですが、消費者金融ってたくさんあるけれど、無利息キャッシングや即日融資ができる消費者金融、誰にも内緒でお金を借りることができる消費者金融って限られているんです。

こちらのキャッシング情報サイトのランキングで上位となっている消費者金融からお金を借りれば間違いなくお得に安心してキャッシングができますよ。

やはり、何をするにも先立つものが必要ですよね。 友達とお酒を飲むのも、合コンをするにも、 新しい出会いの場へ行くにも、資格を取って新しい自分にステップアップするにも、先立つものはお金ですよ。

お金がないと何もすることができないのが現代社会なんです。 お金がないままでは、せっかくのチャンスも不意にすることになってしまいます。 チャンスを不意にするのが嫌ならば、与えられたチャンスを存分に生かせるように、資金を用意しておくことが必要です。

お金がない、お金がない、しかし、借りるのも怖いというのであれば、どんどんと新しい挑戦となる一歩を踏み出せずに悪い方向へいってしまいますよ。

私が紹介しているキャッシング情報サイトならば、金利も低金利ですし、即日融資も可能な消費者金融を紹介していますから、もしものときにも、安心・安全にお金を借りることができますよ。

もし良かったら利用してみてくださいね。 きっと、お得に借り入れができることかと思います。


土日祝日の即日融資ってできるの?

皆さん、お金がどうしても足りないって時ってありませんか? 飲み会に誘われていざ財布の中身を確認してみたらお札がない・・・さらには口座に入ってる分は週末の結婚式で使うから下ろすことができない・・・なんてことだってあり得ますよね。 だけど人との出会いや付き合いというものは非常に大切です。お金がないからという理由で誘いを断るなんてことはなるべくしたくありませんよね。

そんな時にオススメしたいのが消費者金融の即日融資です! 例えば午前中に申請をして審査に通ると午後には現金が口座に振り込まれるという非常にスピーディで便利なサービスなのです! なので今すぐにお金が欲しい!という方にはとてもオススメですよ!

ただ前述したようなシチュエーションの場合、お金が必要になるのってだいたい土日祝日ですよね。 飲み会だってBBQだってデートだって結婚式だってだいたい週末にやることです。 でも即日融資って平日だけなんじゃないの?と思われるかもしれません。 たしかに即日融資はだいたいが銀行振り込みですし、土日祝日は金融機関は営業していないので無理なんですよね。

しかし土日祝日でも即日で融資を受けることは可能なのです! それは無人機を使うという方法です。 ネットで申し込みをして、審査完了の連絡を受けたらあとは無人機に行きカードを発行してもらうことができるんです!


自己破産以外にも方法はある!

借金を抱えてしまいどうしようもならなくなってしまったら、 まず先に思いつくものは自己破産ではないでしょうか。

確かにそれも方法の一つですが、 実は自己破産も債務整理の一つなんです。

そして、自己破産を考えていた多くの方が自己破産をせずに借金問題を解決することが出来ているということも見逃せない事実と言えると思います。

自己破産とは債務整理の中でも最も重い処理方法で、 本当にどうしようもなくなった時の救済措置と言えるでしょう。

例えば会社などを経営している方で、その会社が倒産し何億、何十億と負債を抱えてしまった時などに自己破産は適用されます。

個人的な債務の場合はほとんど自己破産は適用されず、 それ以外の方法で借金問題を整理出来ているということを覚えておいて下さい。

債務整理の中で最も多い方法は任意整理です。 これは借金にかかる金利を無くし、現金だけを3年ほどの時間をかけて返済していくというものです。

借金問題のほとんどが金利が重くのしかかり、それが負担となり元金が減らず返済出来なくなっていくパターンがほとんどですので、金利が無くなり元金だけを時間を掛けて返済していくという方法であれば、ほとんどの方が無理なく返済出来るのです。

このように債務整理といっても色々な方法がありますし、 債務の度合いによって適用される方法も変わってきます。

もし今現在借金にお悩みであれば、債務整理を適用するかどうかは別として、一度ご相談だけでもされてみることをお勧め致します。

このブログでも何度もお伝えしていますが、 債務整理は救済措置です。

あなたを苦しめるものではないということをまずはご理解下さい。


債務整理の種類

多重債務者を救済する制度として債務整理があります。

債務整理と一言でいいますが、実は「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」の大きく四つに分けられます。

それぞれ簡単にせつめいしますね。

まずは任意整理です。

これは裁判所が間に入らないで債権者と債務者で交渉して債務の減額や支払いの時期について取り決めをすることです。

任意整理の話し合いをする際にはどうしても債権者の方が主導権を持ってしまうのでもしこの手段を選ぶのなら債務者は交渉が上手な司法書士や弁護士を代理人に立てると良いでしょう。

債務者一人で交渉しようとしてもおそらく債権者に足元をみられて終わりです。

次に特定調停という手段があります。

これは債権者と債務者の話し合いの間に裁判所が介入してくるものです。

簡易裁判所の調停委員が間に入って話をまとめます。調停委員が間に入る分、債務者一人でもなんとか話し合いをすることが出来ますがやはり法律についてのある程度の知識が無いと話し合いを有利に持って行くことは難しいと言えるでしょう。

次に民事再生です。

これは将来に継続的に安定した収入が見込める人に認められた一定限度で債務を支払い残りの債務を免除してもらう手続きです。

簡単にいうと自己破産の一歩手前の手続きと思っていただければ分かりやすいでしょう。

民事再生の良いところは借金の返済もある程度はしないといけませんが、所有している持家などを手放さなくて済むことです。

そして最後に自己破産です。

これは自分の財産を全て売却してそれを返済にあてその代り全ての債務を免除してもらうものです。
持家なども処分しなければなりませんが日用品の売却はされないとともに債務がすべてなくなるので人生のリスタートには最適です。

今回は簡単にではありますが、債務整理の種類について説明させて頂きました。

このように債務者を保護する制度がしっかりとあるのだから借金をすることに対して臆することはないと私は思います。

もちろん浪費癖があり、計画的に借金を返済できない人は論外ですが計画的に返済できる人であれば可能性を掴むためにもお金借りることは別にやましいことでないですしありだと思います。

失敗しても債務整理という保護手段がありますから。

ただ借金するにしても出来るだけ無担保で出来るか自分自身の不動産を担保に入れて借入できる業者を選びましょうね。万が一債務整理になった際にそうしておけば保証人に迷惑をかける事態というのがなくなりますから。